トップページ > 老齢年金等の所得税計算の流れ

老齢年金等の所得税計算の流れ

老齢厚生年金 在職老齢年金 繰下げ 所得税計算の流れ

源泉徴収を要しない金額

年金の種類 65歳未満 65歳以上
国の年金 108 万円 158 万円
厚生年金基金等の年金 108 万円 80 万円


公的年金等控除額


65歳未満の人
公的年金等の収入金額(A) 公的年金等控除額
130 万円未満 70万円
130 万円以上 410 万円未満 (A)× 25 % + 37.5 万円
410 万円以上 770 万円未満 (A)× 15 % + 78.5 万円
770 万円以上 (A)× 5 % + 155.5 万円

65歳以上の人
公的年金等の収入金額(B) 公的年金等控除額
330 万円未満 120万円
330 万円以上 410 万円未満 (B)× 25% + 37.5 万円
410 万円以上 770 万円未満 (B)× 15% + 78.5 万円
770 万円以上 (B)× 5% + 155.5 万円


所得税に関する主な所得控除(平成23年分)


種類 控除額
基礎控除  38 万円
社会保険料控除  社会保険料の支払額
医療費控除  総医療費−保険金額等の補填額−10万円または
所得金額の5%(どちらか少ない額)= 医療費控除額(上限200万円)
生命保険料控除  生命保険料の種類と金額に応じ最高10万円
地震保険料控除  地震等の損害保険料の種類と金額に応じ最高5万円
配偶者控除 配偶者の年齢 右記以外 同居特別障害者
70 歳未満 38 万円 113 万円
70 歳以上 48 万円 123 万円
配偶者特別控除  配偶者の合計所得金額に応じ最高38万円
扶養控除親族 扶養親族の年齢 右記以外 同居特別障害者
16 歳未満 75 万円
19 歳以上
23 歳未満
63 万円 138 万円
70 歳以上
(同居老親等)
48 万円
(58 万円)
123 万円
(133 万円)
上記以外 38 万円 113 万円
障害者控除  1人につき27万円(特別障害者は40万円)
寡婦(寡夫)控除  27万円(特定の寡婦の場合は35万円)
・年齢等はその年の12月31日現在の状況で確認します。
・所得税の他、住民税も課税があり所得控除額が違います。


所得税額の速算表


課税対象所得金額(C) 所得税額
195 万円以下 (C)× 5 %
195 万円超 330 万円以下 (C)× 10 % − 97,500 円
330 万円超 695 万円以下 (C)× 20 % − 427,500 円
695 万円超 900 万円以下 (C)× 23 % − 636,000 円
900 万円超 1,800 万円以下 (C)× 33 % − 1,536,000 円
1,800 万円超 (C)× 40 % − 2,796,000 円
ページトップへ戻る

PM 10時57分

02月20日
 月曜日

サイト内検索

年金請求代行

MENU

参考資料

個人情報保護

Sponsored by

ホームページ制作 FX レンタルサーバー比較 フリー素材 無料素材
エンゼルハイム歯科
宝谷事務所
一竿堂
1000円カットミナス 在職老齢年金支給停止解除対策 年金請求代行 労働基準 労災事故 東スポワールド

サイト登録 Paseon
Copyright(C) 宝谷社会保険労務士事務所 All Rights Reserved. 業務災害、労働災害(労災)事故のことでお悩みなら、当事務所へご相談ください。事故発生直後の初期対応から以降の手続き対応も承っております。