トップページ > 年金と税金

年金と税金

「公的年金等の受給者の扶養親族等申告書」の提出は、税金処理では重要ポイント


 公的年金受給者から年金額が今年から減額されたんですか・・・?。と当所に問合せが来るときがあります。  そうなんです。今年(平成23年度は、0.4%の率で下がっている)は、物価の引下げ幅で、年間で200万円の年金をもらっている人で8千円減額になります。 と答えますと、ええ、そんな金額じゃないです。から始まって・・・


参考:厚生労働省
● 「年金額改定の仕組み」は、ここ(PDF) をクリック
● 「平成23年度の年金額は、なぜ下がるのか」は、ここ(PDF) をクリック


 結局、物価スライドの問題では無く「公的年金等の受給者の扶養親族等申告書」(以下、「扶養親族等申告書」という)の未提出から振込年金額が少なくなったことで一件落着することがあります。
 このような場合「扶養親族等申告書」は、追っかけ、いつでも提出することができ、提出後は処理された次の定期支払時から源泉控除は反映されショックはおさまっていきます。
 尚、この場合提出前の税の調整は、確定申告で行うこととなります。
 そのため、「扶養親族等申告書」が送られてきた(毎年10月下旬頃)ときは、扶養親族がいなくても国や基金(国や基金それぞれ)に毎年、期限まで提出することが大事な処理作業(重要ポイント)となります。


参考:日本年金機構
● 「平成23年分 公的年金等の受給者の扶養親族申告書」の詳細は、ここ をクリック


尚、確定申告に関してですが、今後(平成23年分からの所得税)は、

  •   @ その年中の公的年金等(雑所得を有する居住者)の収入金額が400万円以下で
  •   A かつ、その年分の雑所得以外の所得金額が20万円以下
  • の場合には、その年分の所得税について確定申告の提出を要しないとされました。
     ということは、今後は「確定申告を要しない」が定着すると「扶養親族等申告書」を提出しない人の場合を想定すると、いやな予感がしますが、しかし、この場合においても次に該当する人は確定申告をすることができます。提出は、1月1日現在の住所を管轄する税務署です。


    ● 源泉徴収の段階で受けられなかった諸控除(社会保険料控除、医療費控除など)を
     申告によって受けられる人
    ●「扶養親族申告書」に記載した内容に変更があった場合や、「申告書」を提出しなかった
     ために、源泉徴収が多すぎた人
    ● これ以外、確定申告をすることで還付を受けられる人の場合は、源泉徴収された年の
     翌年の1月1日から還付請求権が消滅するまでの5年の間にいつでも確定申告を行う
     ことができます。
    ● 公的年金等以外の所得金額が20万円以下で所得税の確定申告を要しない場合で
     あっても住民税の申告は必要になります。

     以下、「扶養親族申告書」を提出する、しないでは、これほど違うという実例です。

    「扶養親族等申告書」に関する65歳以上の源泉徴収額(平成23年分)

    65歳以上
    (年額)
    扶養親族等申告書
    提出なし 提出あり
    税率 7.5% 基礎的控除のみ 基礎的控除+
    配偶者(一般)
    基礎的控除+
    配偶者(一般)+
    扶養親族(一般)1名
    年金額 源泉徴収額 源泉徴収額 源泉徴収額 源泉徴収額
    80 万円 60,000 円 0 円 0 円 0 円
    90 万円 67,500 円 0 円 0 円 0 円
    100 万円 75,000 円 0 円 0 円 0 円
    110 万円 82,500 円 2,500 円 0 円 0 円
    120 万円 90,000 円 7,500 円 0 円 0 円
    130 万円 97,500 円 12,500 円 0 円 0 円
    140 万円 105,000 円 17,500 円 0 円 0 円
    150 万円 112,500 円 22,500 円 3,000 円 0 円
    160 万円 120,000 円 27,500 円 8,000 円 0 円
    170 万円 127,500 円 32,500 円 13,000 円 0 円
    180 万円 135,000 円 37,500 円 18,000 円 0 円
    190 万円 142,500 円 42,500 円 23,000 円 3,500 円
    200 万円 150,000 円 47,500 円 28,000 円 8,500 円
    210 万円 157,500 円 52,500 円 33,000 円 13,500 円
    220 万円 165,000 円 57,500 円 38,000 円 18,500 円
    230 万円 172,500 円 62,500 円 43,000 円 23,500 円
    240 万円 180,000 円 67,500 円 48,000 円 28,500 円
    250 万円 187,500 円 72,500 円 53,000 円 33,500 円
    260 万円 195,000 円 77,500 円 58,000 円 38,500 円
    270 万円 202,500 円 82,500 円 63,000 円 43,500 円
    280 万円 210,000 円 87,500 円 68,000 円 48,500 円
    290 万円 217,500 円 92,500 円 73,000 円 53,500 円
    300 万円 225,000 円 97,500 円 78,000 円 58,500 円
    310 万円 232,500 円 102,500 円 83,000 円 63,500 円
    320 万円 240,000 円 107,500 円 88,000 円 68,500 円
    330 万円 247,500 円 112,500 円 93,000 円 73,500 円
    340 万円 255,000 円 117,000 円 97,500 円 78,000 円
    350 万円 262,500 円 120,750 円 101,250 円 81,750 円
    360 万円 270,000 円 124,500 円 105,000 円 85,500 円
    370 万円 277,500 円 128,250 円 108,750 円 89,250 円

    出典:司法書士国民年金基金

ページトップへ戻る

PM 10時36分

09月1日
 月曜日

サイト内検索

年金請求代行

MENU

参考資料

個人情報保護

Sponsored by

ホームページ制作 FX レンタルサーバー比較 フリー素材 無料素材
エンゼルハイム歯科
宝谷事務所
一竿堂
1000円カットミナス 在職老齢年金支給停止解除対策 年金請求代行 労働基準 労災事故 東スポワールド

サイト登録 Paseon
Copyright(C) 宝谷社会保険労務士事務所 All Rights Reserved. 業務災害、労働災害(労災)事故のことでお悩みなら、当事務所へご相談ください。事故発生直後の初期対応から以降の手続き対応も承っております。